脊椎疾患

Spine
 

頸椎疾患

頸椎症性脊髄症

頸の脊髄が骨や靱帯などに圧迫されて問題が起こります。

症状としては手足のしびれ、箸が持ちにくいなどの手の運動障害、歩きにくいなどの下肢の運動障害、排尿の問題があります。

当院にあるレントゲンとMRIを用いて診断します。

症状が軽度の場合はお薬やリハビリなどで経過を観察していきますが、運動障害が重度な場合は手術が必要となりますので、希望される病院に紹介させていただきます。

頸椎症性神経根症

頸の神経根が骨などに圧迫されて問題が起こります。

症状としては基本的には左右どちらかの腕のしびれや痛み、ひどい場合には運動障害が起こります。

当院にあるレントゲンとMRIを用いて診断します。

お薬での治療やリハビリ、ブロック注射を行います。しかし、運動障害が重度で手術が必要になる場合は、希望される病院に紹介させていただきます。

頸椎椎間板ヘルニア

椎間板がとびだして(ヘルニアとは飛び出るという意味)頸の脊髄や神経根が圧迫されて問題が起こります。脊髄が圧迫される場合は頸椎症性脊髄症と同様で症状としては手足のしびれ、箸が持ちにくいなどの手の運動障害、歩きにくいなどの下肢の運動障害、排尿の問題があります。

神経根が圧迫される場合は頸椎症性神経根症と同様で症状としては基本的には左右どちらかの腕のしびれや痛み、ひどい場合には運動障害が起こります。

当院にあるレントゲンとMRIを用いて診断します。

お薬での治療やリハビリ、ブロック注射を行います。しかし運動障害が重度で手術が必要になる場合は、希望される病院に紹介させていただきます。

腰椎疾患

腰部脊柱管狭窄症

腰の神経が骨や靱帯などにより圧迫されて問題が起こります。

症状としては下肢のしびれ、痛み、歩行障害、尿の出が悪くなるなどの排尿障害が起こります。

当院にあるレントゲンとMRIを用いて診断します。

お薬での治療やリハビリ、ブロック注射などを行います。

歩行障害や排尿障害が重度である場合は手術が必要になることがありますので、希望される病院に紹介させていただきます。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板がとび出して、腰にある神経を圧迫し問題が起こります。

症状としては下肢のしびれ、痛み、歩行障害などですが、尿が出にくいなど排尿障害をおこすケースもあります。

当院にあるレントゲンとMRIを用いて診断します。

お薬での治療やリハビリやブロック注射などを行います。

強い痛みがあったり、歩行障害や排尿障害があり手術が必要な場合には希望される病院へ紹介させていただきます。

腰椎圧迫骨折

腰にある骨がつぶれて痛みを生じます。胸椎(背中)に起こることも多いです。多くの方が骨粗鬆症に関連していますので骨折と同時に骨粗鬆症の治療も必要です。

症状としては腰の痛みですが、神経が圧迫され下肢の痛みや排尿障害などを伴うケースもあります。

レントゲンで診断できるケースもありますが、わからないことも多くMRIが有用です。特に神経の圧迫を疑うときにはMRIでの診断を行います。当院で施行可能です。

お薬での治療やコルセット、リハビリなどで治療を行いますが、疼痛が強い時や神経の圧迫が重度であり手術が必要となる場合は、希望される病院へ紹介させていただきます。